たびびと.jp

旅する大学生がお送りするグルメ特化型の地域情報サイト

<34>東尋坊と石川県 道の駅(Part3)。二人旅・2日目(最終日) / 坂井・加賀・小松・金沢 (グルメ・観光) [3581文字]

福井県あわら市→福井県坂井市→石川県加賀市→石川県小松市→石川県能美市→石川県内灘町→石川県金沢市→自宅

 

東尋坊の石段から足をつまずいて、あわやリアル火曜サスペンスになるところでした

そんな2月27日火曜日の出来事。

 

f:id:JUKAM:20180305131004j:plain

東尋坊は、東尋坊という僧侶が恨みを買って突き落とされたことに由来するという景勝地。

歴史的に見ても事件性たっぷりだし、成すべくして火曜サスペンスの舞台になったようなもんですよね。

 

f:id:JUKAM:20180305131055j:plain

切り立つ断崖は高さ25メートル

そのギリギリどころか落ちるところまで行ける超デンジャーなスポット

 

f:id:JUKAM:20180306235609j:plain

でも、地質的に見ればこの規模というのは世界でも3か所しかなく非常にレア。

 

そういえば、砂浜をドライブできる石川の千里浜なぎさドライブウェイもそんな感じの場所だったな・・・

おまけに富山の海をはさんで3000m級の山が見えるという晴海海岸もそうか。

偶然にも気付いたけど、北陸って全部凄いじゃないか・・・!

 

 

朝 : グランヴィア芳泉

f:id:JUKAM:20180306183938j:plain

朝はバイキング

昨晩にもあった福井の郷土料理から、沢庵煮やすこ(里芋の茎を酢漬けしたもの)

自家製の豆腐とシュウマイ

一般的なサラダやお浸し、出汁巻き玉子やスクランブルエッグ、ベーコンなどもありましたが

特に美味しかったのは卵かけご飯。

福地鶏の生卵を福井県産のご飯にかけていただくのは

朝から何とも言えない贅沢でしたね(^~^)

(なお、生卵は数量限定)

 

ちなみに、福地鶏とは2017年に開発された福井の地鶏です。

 

 

 

間 : やまに水産 ¥400

→タコの炙り焼き

 

f:id:JUKAM:20180303013953j:plain

東尋坊の近くにある海産物店。

友人がカニを土産に買って帰りたいということでやってきました。

数多くの有名人がきたり、テレビ番組で紹介されていたりもする有名店のようです

(ぴったんこカンカンのロケで安住さんも来てたり、お散歩ジャパンで国分太一さんが来てたりと・・・)

 

カニは最大1杯10万超えるものも、、と果てしなく高いので自分は手を出せず

バケモノみたいにデカいタコが気になったからそっちを食べました。

流石は王者・越前ガニ!妥協は一切ない!!

(その後、友人は足が1本欠損してるような訳ありガニを買って帰りました。

脚が1本ないだけで7000円くらいになるとはね。相場は全然知らないからそれでも安いか高いか分からないけど)

 

f:id:JUKAM:20180303013249j:plain

しかしカニだけじゃなくてタコもすごいな!

激しい弾力もさることながら、噛めば噛むほど無限に出汁が出続ける至極の逸品。

2切れで¥400もまあまあ高いけど、この食べ応えなら満足満足

 

他にもハマグリやホタテなんかもすぐ浜焼きにしてくれて食べることができました

 

211.やまに水産
海鮮・浜焼き・土産
福井県坂井市三国町安島64-1
050-5872-4864 (予約可)
8:00~17:00
年中無休
最寄り:三国港駅(2.7km)
予算:昼¥2000~3000、夜¥6000~7000、浜焼き¥500前後~、蟹¥7,000~120,000

 

 

 

石川 道の駅No.6

間 : 道の駅 山中温泉ゆけむり温泉健康村 ¥570

→娘娘アイス(¥340)、湯涌サイダー柚子乙女(¥230)

 

f:id:JUKAM:20180303013320j:plain

この日の1軒目は2004年登録の道の駅、山中温泉ゆけむり温泉健康村

 

石川県の道の駅を巡るのは2017年7月以来、7か月ぶり。

(思えば能登半島の道の駅に行ったのが、巡るきっかけになったんだよなぁ…懐かしい)

 

f:id:JUKAM:20180303013341j:plain

ここの名物は娘娘で「にゃあにゃあ」と読む饅頭が入ったアイス

何やら温泉街の遊女を彷彿とさせる怪しい名前の商品だけど

由来は"にゃあにゃあ"という言葉を使った饅頭を作ってみたかったことにあるとか。

("にゃあにゃあ"は加賀弁で"娘さん"を意味する)

そんなわけで、加賀美人をモチーフに上品さをこし餡で表現し

小さな口でも食べられるような大きさに仕上げたのだそう。

 

上品そうだからこし餡を使ってるらしい....

もしや、つぶ餡こし餡戦争はここから始まったのか!?

 

それはさておき、なめらかな口当たりで甘くとても美味しい饅頭です

スプーンで饅頭を潰しアイスと混ぜながら食べるのがオススメ

バニラアイスとこしあんが合わさった甘さが絶妙なんですわ、これが。

(ただ、まだ食べるのには早い時期だったなぁ~、寒・・・)

 

 

212.道の駅 山中温泉ゆけむり健康村
土産・スイーツ
石川県加賀市山中温泉こおろぎ町イ19
0761-78-5620
[売店]9:00~18:00
[お食事処里山]10:00~不定
定休日:無休 (レストランは月曜定休)
最寄り:加賀IC(13.2km)、大聖寺駅(11.1km)
予算:¥1000以内

 

 

 

昼 : 道の駅 こまつ木場潟 ¥580

→トマトカレー和風ラーメン

 

f:id:JUKAM:20180303014014j:plain

2軒目は2010年登録の道の駅、こまつ木場潟(きばかた) 

 

"トマトカレー"に"トマトカレーうどん"

更に"トマトカレーラーメン"と

とにかくトマトカレーを入れまくるレストランがある道の駅です

 

当然イチオシはこのトマトカレーシリーズ

(カレーライスだけは生トマトトッピング版もあった)

野菜の水分だけで煮込んだ自慢の逸品だそうですよ!(道の駅全集平成29年度版より)

 

当然イチオシと聞けば、辛いのは苦手でも食べるしかあるまい・・・

チャレンジ!

 

f:id:JUKAM:20180303014041j:plain

なるほど!

野菜が溶けるまで煮込まれているからカレーのコクがスゴイ

そして和風だしと混ざることによって、あっさりとしたスープカレーが器の中で出来上がります

美味しい!!

 

これなら食べ・・られそう!!

 

と勢いよくズルズル食べていたら、やっぱり後追いで辛さはやってきました。

ヒイィ~!美味しいのに勘弁して~~!!

(くそう!カレーをまともに食べられるようになりたい!!)

 

ところで、なぜこんなにトマトを多用しているのかというと

それは、小松市が昭和30年代からのトマトの産地で

北陸三県では一番の生産量を誇るからだそうです(小松市公式サイトより)

 

 

213.道の駅 こまつ木場潟
カレー・うどん・ラーメン・土産
石川県小松市蓮代寺町ケ2-2
0761-25-1188
[売店]8:30~18:30
[レストラン]9:00~18:30(LO.18:00)
定休日:水曜日、1月1~3日
最寄り:蓮代寺IC(100m)、小松駅(4.9km)
予算:¥1000以内

 

 

間 : 道の駅 しらやまさん

f:id:JUKAM:20180303014113j:plain

18:00までって書いてたのに!!

本に騙された....

 

f:id:JUKAM:20180303014135j:plain

ってか、13:20終了ってマジかよ!!

レストランとしてどうなんよ・・・。

 

 

間 : 道の駅 内灘サンセットパーク

f:id:JUKAM:20180303014155j:plain

17:00終了だと本に紹介されてたのに

16:40、既に終了されてた。

 

f:id:JUKAM:20180303014214j:plain

時に道の駅は店員のさじ加減で終わることがあるのだ....

(はたまた、本がいい加減なのかは分からない。)

 

 

夜 : CAFFE ARCO stazione ¥1930

→ハントンライス単品(¥1080)、金澤箔ソフト バニラ(¥850)

 

f:id:JUKAM:20180303014237j:plain

最後は金沢駅で夕食を済ませて帰りました。

 

f:id:JUKAM:20180303014307j:plain

金沢名物・ハントンライス

ケチャラーのごとく大量のケチャップが入ってるけど、これくらい重量があってこそのもの。

(さすがに追いケチャはやり過ぎなのでしなかったけど・・・

中もケチャップライスだし。)

 

白身魚とエビのフライがオムライスの上にタルタルソースと共に乗ってるのが特徴

その姿はまさに完全武装のヘビー級オムライス

やっぱりハントンライスはボリューム感と食べ応えこそ命だと思います。

 

それにしても

サクサクのフライと柔らか玉子に包まれたケチャップライスは秀逸の相性ですね!

食べ始めたらそりゃもう止まらない

とても美味しかったです。

 

ちなみに、これだけハードそうな内容なのに

金沢の若い世代での知名度が高くないのは意外でした。

 

f:id:JUKAM:20180303014326j:plain

食後のデザートは金沢らしく

金箔銀箔をベッタリ貼りつけたソフトクリーム

知り合いが写真をあげていたのを見てとても気になっていたんですけど

今回ついに食べる機会に恵まれました。

 

いや~、一生に一度でいいからこれは食べたかった。

別に金と銀に味はしないってのは分かっているんですけど

口の中にそれがガッツリ運ばれていく幸せを味わいたかったんです。

 

・・・とか言って、このソフトクリームを受け取って

数多の人が行き交う金沢駅の構内で食べるんですけど

欲を晒しているようで罪悪感に苛まれたりするんですけどね。

(周りの目は気になってしまうタイプです。はい。)

 

ちなみに

店内ではソフトクリームは食べられないので注意

同じ店だけどお会計も別です。

 

214.CAFFE ARCO stazione (カフェ・アルコ スタツィオーネ)
洋食・スイーツ
石川県金沢市木ノ新保町1-1 金沢駅西口ビル・くつろぎ館1F
076-224-0141
[月~土]6:30~22:00
[日祝]6:30~21:30
定休日不明
最寄り:金沢駅(80m)
予算:¥1000~2000

 

----------------------------

出費 : ¥49,132

乗車距離(車) : 139.8km

歩いた距離 : 5.4km