たびびと.jp

旅する大学生がお送りするグルメ特化型の地域情報サイト

<33>夕日ヶ浦温泉とカニ。家族旅行1日目 / (温泉) [1113文字]

前略、しきりに雪の降り積もる北近畿の温泉地から。

 

自宅→夕日ヶ浦木津温泉(京都府京丹後市)

 

2月19日のこと。

城崎温泉や天橋立ではなく、その中間地点にある

ちょっとマイナー(?)な夕日ヶ浦温泉にやってきました。

といっても、そこそこに宿泊客はいるご様子...さすがは今人気の北近畿

10年前なら城崎も天橋立ものんびり出来たのにな...。

 

尚、夕日が綺麗な事で有名な地で夕日を拝むことが叶わなかった今回の旅行。

でも美術館のような列車と蟹を味わえてとても満足でした

 

 

 

f:id:JUKAM:20180225204345j:plain

これがその美術館のような京都丹後鉄道の「丹後の海」という特急型の列車

 

f:id:JUKAM:20180225204834j:plain

乗車口から一歩中に入ると、このようなイラストが。

幾何学的な模様はまさに美術館のよう

 

f:id:JUKAM:20180225204648j:plain

車内は木目調でブラインドもすだれのようなデザイン

 

f:id:JUKAM:20180225204901j:plain

窓と窓の間には小さめのイラストとフック

 

f:id:JUKAM:20180225204814j:plain

車両連結部側には大きめのイラストがあります

 

外国人と思しき乗客達も車内を歩き回って写真を撮りまくってました

 

f:id:JUKAM:20180225204932j:plain

洗面台はシックな感じ

 

f:id:JUKAM:20180225204955j:plain

トイレの中までアート性があります(笑)

 

この列車、京都駅から天橋立駅までは特急扱いですが

天橋立駅(13:33)から豊岡駅(14:37)までは快速電車の扱いになるので特急料金なしで乗れるんですよね

1日1便だけのなんたる贅沢・・・。

(逆方向もあると思うけど、そっちは未確認)

最近は電車もオシャレになってきましたねぇ~

 

 

朝 : 自宅

 

昼 : なし

夜は蟹を食べまくりたいから抜き。

(食べ放題の前は飯を抜くタイプです。うっす。)

 

 

f:id:JUKAM:20180225205019j:plain

 

夜 : 旅館 佳松苑

 

f:id:JUKAM:20180301001522j:plain

カニが丸ごと3杯分!控えめに言っても有難すぎるくらいやり過ぎな量

 

f:id:JUKAM:20180301001548j:plain

刺身、焼き、茶碗蒸し、天ぷら、茹で、雑炊、鍋まで

ありとあるカニ料理を網羅しちゃってます!

 

f:id:JUKAM:20180301001609j:plain

さすが政府登録国際観光旅館、妥協は一切ないようで。

身の量はすごいし、甘いしとろけるし本当に美味し。

美味さは正義!(異論は認めない)

 

ちなみに、蟹の身をほぐすのに勢い余って鉄板で自分の指を焼いたのはここだけの話。。

 

 

f:id:JUKAM:20180225205119j:plain

 

夕日ヶ浦温泉
泉温:42度
泉質:単純温泉
無色透明・無味無臭
pH値:8.7 (アルカリ性)

 

23:00手前に大浴場に行ったけど、5~6人いました

 

 

f:id:JUKAM:20180225205139j:plain

風呂上りは丹後七姫サイダー

旅館の売店で購入(¥210)。

瓶のラムネに近い味でした

 

 

33.佳松苑

京都府京丹後市網野町木津247

最寄り:夕陽ヶ浦木津温泉駅(1.4km)

冷蔵庫:あり、ポット:あり、エアコン:あり
ドライヤー:あり、コンセント:未確認、テレビ:あり
お風呂:あり、wi-fi:未確認

政府登録国際観光旅館なので設備の心配は何もなさそうです

 

---------------------------

出費 : ¥730

乗車距離 : 218.6km

乗車時間:3時間30分

歩いた距離 : 1km