たびびと.jp

旅する大学生がお送りするグルメ特化型の地域情報サイト

<20>鳥取は砂漠と梨だけじゃない!一人旅・2日目 / 智頭・倉吉 (グルメ) [2065文字]

津山(岡山県津山市)→智頭(鳥取県智頭町)→倉吉(鳥取県倉吉市)→米子(鳥取県米子市)

 

f:id:JUKAM:20171020000544j:plain

10月19日のこと。

津山駅から因美線に乗って鳥取へやって来ました。

 

津山11:35〜智頭12:43

f:id:JUKAM:20171020000640j:plain

1両編成、11:21に1番乗り場に入線。

地元高校生のテスト期間だったからか立ち客もまばらにいるほどでした。

なお、ボックス席が4つしかないので争奪戦になるのは言うまでもない・・・。

地元の学生の9割は美作加茂駅までに降りるのでロングシートでもそれまでの我慢です。

ちなみにこの日、最後まで乗っていたお客は僕を含めて4人でした

途中からすごい寂しくなりますね。

 

景色は川沿い、田園地帯、山沿いを走っていきますがトンネルが少ないので見応えあります

特に途中、木の枝や葉っぱを車体にぶつけながら低速で走るので、自然に溶け込むような感覚でした

(距離が近すぎて写真はNG)

 

自然との一体感:★★★★★

哀愁感:★★★★☆

乗り心地:★★☆☆☆

 

 

智頭15:54〜鳥取16:44

f:id:JUKAM:20171020000827j:plain

2両編成、14:54に3番乗り場に入線。折り返し運転です

15:40頃から学生たちが乗ってきて発車する頃にはボックス席はほぼ埋まっていました

その後も終点に近づくにつれ学生がたくさん乗って来て満員状態

今日も鳥取の未来を詰め込んで走っていることでしょう。

 

津山から智頭までとは違って、ここはかなりの速度でぶっ飛ばします

線路の軋みなんてなんのその。

電車に揺られるのも旅の楽しみの一つでしょ?

とても乗っていて爽快でした

 

疾走感:★★★★★

地元の未来を乗せてる感:★★★★★

乗り心地:★★★★☆

 

 

鳥取16:52〜倉吉17:53

2両編成。

めっちゃ人並んでいましたが、奇跡的に座れてラッキー!

さすが鳥取の大動脈。

辺りを見渡していると鳥取弁(というのかな?)があちこちから聞こえてきました

(あぁ~新鮮!方言を聞くのも旅の楽しみだったする)

ちなみに、景色は海沿いを走るけど海は見えず・・・

 

倉吉19:17~米子20:35

4両編成。19:04に1番線に入線

始発駅ではなかったけど座れました

もうすっかり日が暮れていたので、景色は×

ゆったりとしたプライベートな空間が続きました

 

鳥取感:★★★★★

プライベート感:★★★★★

乗り心地:★★★★☆ 

 

 

朝1 : 喫茶サクラ

地図ではここのはずなんだが・・・?見つけられず。

それでもインフォメーションに載っているのは正にサクラそのもの。

 

朝2 : コンビニ ¥389

 

昼 : 茶房夢屋 ¥1460

→オムライス(¥730)、ショコラケーキセット(¥730)

 

f:id:JUKAM:20171019235936j:plain

電車の待ち時間3時間オーバー。

津山から乗った電車の待ち合わせのやつにすぐ乗っても良かったけど

せめて気になるお店には寄っておきたいところ。

(数分待ちの次が3時間後とは極端なダイヤだな・・・これが地方路線の抱える課題か。。)

 

f:id:JUKAM:20171020000002j:plain

 

f:id:JUKAM:20171019235913j:plain

厚焼き玉子よろしくごつい玉子に巻かれたオムライス

デミグラスとケチャップのダブルソースでコク良し酸味良し美味しいね!

何より生野菜美味しかった。レタス甘いし、キュウリめっちゃ大きい...

 

f:id:JUKAM:20171020000109j:plain

食後はフォンダンショコラとコーヒーのデザート

ほんのり温かいチョコと苦さがよく利いたコーヒーとの相性は言うまでもないですね 

 

141. 茶房夢屋

モーニング・カフェ・軽食

鳥取県八頭郡智頭町智頭1534-7

0858-75-4466

7:30〜19:00

年中無休(お正月は除く)

最寄り:智頭駅(220m)

予算 : ¥1000前後

 

 

夜 : ラーメン幸雅 ¥580

→なつ旨醤油ラーメン

 

f:id:JUKAM:20171020000134j:plain

鳥取のご当地グルメ、牛骨ラーメンが味わえるときいてやってきました。

(ずっとこれが食べたかった!)

 

f:id:JUKAM:20171020000235j:plain

中細の縮れで固麺といったところですね。

ネギ、チャーシュー、メンマ、もやし、なるとが具材。っと

次にスープ・・・!!?

 

うまっ!?うまい・・・うますぎて震えた。

見た目こそシンプルですが、その味は別格

色々ご当地ラーメンは食べてきたつもりですが、ここまでスープで際立つコクのある後味を感じたのは僕は初めてです。

 

一度食べだしたら止まらず、気が付くとスープまで飲み干していたほどでした。

なんとも中毒的なラーメンです。

鳥取は砂漠と梨だけじゃないことはここに証明されたでしょう!!

 

142.ラーメン幸雅

鳥取牛骨ラーメン

鳥取県倉吉市山根583-2

0858-26-7288

11:00〜21:00

年中無休

最寄り:倉吉駅(520m)

予算:¥1000前後

 

 

〜ホテル〜

30.ホテル真田 ¥3500

→[jaran]無料朝食・無料インターネット付スタンダードプラン

鳥取県米子市明治町197

最寄り:米子駅(270m)

冷蔵庫:あり、ポット:あり、エアコン:あり(10月半ばより暖房のみ)

ドライヤー:あり、コンセント:2箇所、テレビ:あり、wi-fi : あり

お風呂:温度調節難しいやつ。 コインランドリー:なし

格安ホテルなのを考えれば立地も良く、それなりに設備も良いので個人的にはオススメ

 

--------------------

出費 : ¥7,595

乗車距離 : 166.1km

乗車時間 : 4時間17分

徒歩距離 : 3.9km